ドイツの犬はなぜ幸せか

犬を飼うのが初めての私たち。
当然わからないことだらけなので、犬に関する本もいくつか読みました。
(そのうちとしさんがリストにしてくれるそうですよ)

そのなかで私が特に気に入っているのが、
グレーフェ彧子さんの「ドイツの犬はなぜ幸せか」。
ドイツでボニーという子犬を飼い始め、
10歳になるまでの日常の様子を綴ったものです。
私同様、もともと犬が苦手だったという著者が
犬と暮らして行く様子には励まされます。
しかし、ドイツの犬をとりまく環境は日本と全然違うのですね。
大型犬が主流とか、散歩はリードなしとか、レストランや電車も犬OKとか。
日本も大きな犬でも電車に乗せられたら、
車の運転ができない私もシナモンを遠くにつれて行けるのにな。
というわけで、今日も近所をうろうろ。
hashi.jpg
橋の欄干からのぞくのが好きなシナモン。
byよち

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中