うんちボクサー

長時間電車に乗るというのに、本を持ってこなかったことに気づいた。

うわー、たいくつで耐えられない!っとあわてて駅の売店で買った「クロワッサン」。

 

雑誌名しか見てない状態で買ったけど、ファッション特集で当たりでした。クロワッサンっておばちゃんっぽいイメージだけど、ファッション特集時の内容はけっこう好き。あ、私がターゲット年齢だからか。。。

 

 

そんな紙面でもうひとつの収穫が!

 

2月に銀座で開催されていたエリオット・アーウィットという写真家の展覧会の記事を読んでいたら、目に飛び込んだ「ボクサー犬」の文字!

この展覧会では「舗道の真ん中でボクサー犬がうんちをしている写真。」が展示されていたそうですよ。雑誌にはその写真も載っていました。『カメラに気づいて振り向いたその顔には「見た?」と書いてある。』シナモンを彷彿させるその姿!かわいい!

「Elliott Erwitt’s Paris」という写真集にも載っているらしいので、それも見てみたい。彼の作品は犬をモチーフにしたものも多いそうです。

 

さすがにうんち中のシナモンの写真はないね〜。

 

▼ブログランキング参加中

うんちボクサー」への2件のフィードバック

  1. 犬のウンチでその国の文化レベルが分かります。フィンランドはつい数年前まで飼い主はウンチの処理せずでしたが、最近は持ち帰らなければ、違反です。パリの街並にはウンチの行列でしたが、今はどうなっているのだろう?日本はほとんどの人がマナーを守るで、文化レブル高い方でしょう?

    いいね

    1. パリは犬のフンだらけって言われてましたよね。今はどうなんでしょう?
      日本は、最近は道端のウンチはあんまりないねーと思っていましたが、目に入っていたなかっただけで、シナモンと散歩し始めたら実は意外にあることに気がつきました。昔よりは良くなったと思いますけど。でも外国とくらべたらいいほうでしょうか。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中