折り紙でボクサー犬

図書館で見かけた折り紙の本。

 

犬のおりがみ」(誠文堂新光社発行)

 

 

 

 

どうせボクサーは載ってないんだろうなーと思って中を見てみたら、ちゃんと載ってましたよ!

なので、もちろん借りてきました。

 

 

さっそく折ってみましょう!

 

 

26cm×26cmの「ジャンボおりがみ」で。

 

できあがりー!

(そんなに複雑ではなかったからふつうサイズの紙でもよかった)

 

 

でもシナモンに似せて垂れ耳にしたいな。

 

 

切り込みを入れて折ってみました。

実際には耳を切っていないほうが、折り紙では切ることになるとはなんとも。

 

 

ori15052510

似てますか?

 

 

脚の先を作ってみたらどうなるかな?

うーん、これはやっぱりオリジナルのほうがいいですね。すっとした脚の感じが損なわれちゃう。

 

後ろ脚と尾の見え方、頭の形は、折る位置によって微妙に変えられるので、自分好みのボクサーに調整できますよ♪

 

 

 

著者の佐野康博さんは、カバーのそでの記載によると「折り紙作家として世界的に活躍するかたわら、ブリーダーとして犬を愛し、深い知識を得た」とあり、この本には副題として「犬の専門家が折る簡単だけどリアルな21種類」とも付いています。

犬を知っている人の作品だけに、特徴をよくつかんでいるなーと感心させられる作品が多いです。

 

著者はすでに亡くなっており、これは1978年に出版された本の改訂版として2014年に発行されたそうです。

どうりでボクサーは載っているのに、テディベアカットのプードルは載ってないわけだ!

 

 

 

私が尊敬してやまない笠原邦彦さんの「おりがみびっくりばこ」(1977年、有紀書房発行)。

 

ここにも犬は何作品か載っているのですが(写真だけの参考作品としてグレイハウンド、ドーベルマン、チワワ、セントバーナード、ダックスフントの掲載もあり)ボクサー犬はなかったので、今回見つけられてうれしい。

 

[ad#ad-pochi]

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中