まんだら堂やぐら群を見てきました

行楽日和だった3連休。

なか日に逗子と鎌倉の境界あたりにある名越切通(なごえきりどおし)に行ってきました。

 

2010年2011年にも行ったことがあるのですが、その切通内にある、閉鎖中で見られなかった「まんだら堂やぐら群」というのが公開中と聞いたのです。

年3回、期間限定で公開しているそうで、今回は2/25〜3/20の土・日・月・祝日のみ。

ドローンで撮影した映像も見てみたら、なんだかすごそう!

 

 

お昼前だったので、まずは途中のスーパーマーケットでお昼ご飯を調達。

シナモンは水分補給。

 

鎌倉の公園から名越切通の「ハイランド口」に向かいます。

たくさんの人がお弁当を食べています。まさかこの人たちがみんなこれからやぐら群へ向かうのか!それとも行った後かな。(けっきょくそれは不明)

 

いつもの狭い入り口。

 

「まんだら堂やぐら群」については方向案内板にも「閉鎖中」と書かれていたので、もう見られないんだと思っていました。年に数回公開していたとは知らなかった〜。

 

展望広場から逗子海岸と逗子市街を見下ろす。

 

 

さらに進むと下に降りる道がありました。前はなかったよね?

「お猿畠の大切岸(おおきりぎし)」

今まで鎌倉時代の防衛遺構だと考えられていたこの崖が、最近の調査で石切り場の跡だったということが分かったらしい。

 

ウッドチップが敷かれた歩きやすい道が整備されていました。

どこまで続くのか分からなかったので途中で引き返しましたが、ここも見応えがありましたよ。

 

さあ、どんどん進もう。

 

 

途中の広場でやっとお昼ご飯。

ほんとうは最初の公園で食べようと思っていたけど、人が多すぎてスペースがなかったの(笑)

 

シナモンとも少し遊んで、また出発。

 

 

シダ植物が芽を出し始めているね。

 

おや、としさんが記念撮影しようとしていますよ。

でもシナモンはいつもどおり非協力的。。。

 

ここで撮影していたようです。

 

 

やっと目的のやぐら群の入り口に着きました!

 

この階段の上ですね。

 

 

おおーっ、見たことない光景が広がっていますよ!

鎌倉のお寺にもよくやぐらがあるけれど、こんなにたくさん並んでいないもんね。

 

上の写真から左のほうに回り込んだ様子。やぐらがずっと続きます。

 

 

さらに階段を上って、やぐら群を上から見ることもできます。一段と感動の光景。

 

まだ全体は掘りきれていなくて、やぐらは右側に続いているそうです。

作られた当時の鎌倉時代の文献にこのやぐら群についての記述はなく、分かっていないことが多いのだそう。名前が出てくるのは江戸時代になってからだとか。ガイドの方がいろいろ教えてくれました。

 

「すごいものが見られたね、シナモン。」

 

私たちが着いたときはちょうど人が少なかったので、写真にはあまり写っていませんが、コンスタントに人が訪れていました。意外と若い人も多かったです。

 

公開終了ぎりぎりに急に決めて来たけど、来てよかったです。

 

かなりおすすめです。

アクセスしやすい場所ではないですが、逗子駅からバスでも近くまで来られるので、公開時にぜひ見てください♪

[ad#ad-pochi]

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中